×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

現金過不足


説明    戻る

@現金の手元有高を調べたところ、帳簿よりも100円不足していた。

現金過不足100/
    現金100


A上記@の原因が決算になっても不明のため処理した

雑損100/
 現金過不足100


B帳簿残高13000円,実際残高15000
であった。

現金2000/
 現金過不足2000


C上記Bの原因を調べたところ、売掛金2000円の回収の記入漏れと判明

現金過不足2000/
   売掛金2000


まとめ
実際残高が帳簿より少ないときは借方へ現金過不足。多いときは貸方へ。決算において不明の時は、借方に現金過不足があるときは雑損。貸方にあるときは雑益