×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

応用問題 No.19


戻る

@決算において売上原価の仕訳を行う。期首商品50円期末商品60円、当期純仕入200円である。売上原価勘定を設ける。

売上原価50
売上原価200
繰越商品60/
  繰越商品50
  仕入  200
  売上原価60


A3日前に当座預金へ振込まれた500円は売掛金の回収であることがわかった。仮受金で処理していた。

仮受金500/
   売掛金500


B商品200円を現金で仕入れた。なお引取費用30円は現金はらい。

仕入230/現金230


C支払手形900円の代金が当座預金口座から引落とされた。残高は800円しかなかったが、借越契約が結ばれていた。当座勘定のみの一勘定で処理。

支払手形900/
    当座900


D上記Cの後、決算を迎え、当座残高は借入金とした。

当座100/
   借入金100


E小口現金について次の報告を受け、報告と同時に小切手を振出して、補給した。
通信費500円、雑費20円、光熱費100円。

通信費500
雑費20
光熱費100/
  当座預金620

戻る